メンタルケア

 メンタル的なことからきている症状には、脳の大脳辺縁系にある扁桃体が深く関わっていると考えます。扁桃体は快や不快を感じるところで恐怖体験や危険な体験、極度のストレスが不快の中に含まれます。脳は楽しい経験より嫌な経験ほど記憶に残すようになっています。それは動物でもそうですが生き残るために次に起こるであろう危険に備えて恐怖体験や危険な体験を記憶に残しているのです。次に同じようなことが起こった時、すぐに対処できるようにする為です。人間にもその機能があり、経験した辛い体験を扁桃体恐怖体験として記憶することがあります。扁桃体は、感じる部分であって意識的なコントロールは届きません。

問診

 ある出来事が扁桃体恐怖条件づけ(トラウマとして残す)された場合、同じような事やその事を連想させる出来事が起こった時、五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)からの感覚情報が大脳皮質に伝わり状況が認識され、その情報が扁桃体に伝わり扁桃体に伝わると前に経験した出来事が恐怖条件づけ(トラウマとして残す)されているので扁桃体はすぐに反応して防衛本能が働きます。防衛本能が働くと脳内のドーパミンの量が減少します。ドーパミンは、「意欲」「運動」「快楽」に関係する神経伝達物質で、ドーパミン量が多いと意欲が湧く・体の動きがスムーズ・幸福感などの良い状態になります。にドーパミン量が少ないとやる気が出ない・体が動きにくい・感動が薄らぎ、楽しさを感じにくい状態になってしまいます。その他に視床下部では自律神経的変化が起き、下垂体ではホルモン分泌され全身が緊張状態になります。これは、危機的状況に備えて無意識のうちに防衛本能が働いているのです。その結果、不眠症・呼吸しにくい・体が疲れやすく疲れが取れない・不安を感じる・気分が落ち込む・パニックを起こすなどの症状が出てきます。
 このようになるには、何か発症した原因があります。過去に危険な体験や恐怖体験、辛い体験、悲しい体験、過度のストレスなどがあり、扁桃体がその出来事を恐怖条件づけ(トラウマとして残す)しているのです。このこと自体は本能的に生き抜く為に体に備わった機能なので良いのですが過剰に防衛本能が働いた時にいろいろな症状が出てしまい結果的に本人を苦しめることになるのです。アレルギーに例えるなら、免疫システムは菌やウイルスから身を守るために本来は働きます。しかし花粉や食物などのさほど体に害のないようなものに対しても免疫システムが過剰に働きいろいろな症状を出すのがアレルギーです。
 過剰な防衛反応は、恐怖条件づけ(トラウマとして残す)された出来事を思い出すだけで起きてしまいます。どういう事かというと五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)の感覚情報からではなく直接、海馬を介して大脳皮質で思い出された状況が大脳皮質から扁桃体に伝わり、扁桃体では過去の辛い体験が恐怖条件づけ(トラウマとして残す)されているので防衛本能が働き脳内のドーパミン量の減少や視床下部では自律神経的な変化が起き、下垂体ではホルモン分泌され全身の過緊張状態が起こりいろいろな症状が出ます。過去の辛い記憶は、頭から離れず頻繁に思い出してしまうものです。その結果、慢性的に本人を苦しめる症状が出てしまいます。
 このような症状で悩んでいる方は多いと思います。私は、体を治療することはもちろん大切ですが、これからの医療はメンタル面をしっかりと診ることも、とても重要と考えています。心と体は別々ではなく常に繋がっています。心と体をトータルで診るからこそ良い結果が出るということも多くあると思っています。当院のメンタルケアコースは心と体の両方にアプローチして扁桃体恐怖条件づけ(トラウマとして残す)された事柄を消していき過剰な防衛反応が起きないようにして行きます。そうすると今まで苦しめられて来た、いろいろな症状が消えて行きます。皆様が心も体も健康な状態になり、充実した人生を送れるように全力を尽くします。