イップス

 野球、ゴルフ、テニス、卓球、楽器の演奏、人前で話す、歌う、外科手術、執筆活動、各種職業などいろいろな動作にイップスは存在します。イップスとは、今まで何も意識することなく上手く出来ていた運動動作が、何かをきっかけにコントロール出来なくなってしまい、思い道りのプレーが出来なくなる症状です。個人差は、ありますが極度のパフォーマンスの低下が起こります。基本的には能力の高い人がなりやすいと言われています。
 現在、イップスという言葉が、一般にも知られるようになって来つつあります。まだ正しく理解されて行くには、時間がかかりそうです。イップスの嫌な感覚や苦しみは、なった人にしか分からず、周囲になかなか理解してもらえません。プロスポーツの世界でもイップスが原因で引退を余儀なくされるケースが多々あるようです。私自身、イップスは、センシティブな(敏感な・傷つきやすい)面があるので、気軽に使う言葉ではないと思っています。ある意味イップスとは、地獄のようなものです。自分の好きなこと、大切にしていることを奪うこともあります。厄介なところは酷くなると、そのスポーツをやっている時だけに収まらず、普段の生活の中の動き・考え方にも影響が出て来ることがあります。

問診

  境界線や、はっきりしたガイドラインや診断法が無いので難しいのですが、分類してみたいと思います。まず、①いわゆるスランプをイップスだと思っている人。なんちゃってイップス。このタイプは、練習や気分転換で立ち直れると思います。②イップスになる境界線があるとしたら片足入れて、すぐに抜け出せた人。なりかけイップス。1~2ヵ月で抜け出せた人。③イップスになって深みに嵌った人。完全イップス。私個人の見としては、③のタイプが本当のイップス患者だと思っています。
 ③のタイプは、自分で一生懸命練習しても、監督やコーチの指導を真面目に聞いても、ほとんど改善しないと思っています。それどころか努力すればするほど症状は、悪化していきます。アスリートは、何が間違っているのか見当がつかず、それを「直す」やり方が分からない。アスリートが出来る限りの努力をすると、さらに大きなフラストレーションや苦しみの深みに嵌って行くのです。アスリートが元の状態に戻るようにと、監督やコーチは、知っていることの全てを効果がないのにやろうとする。それに失敗すると、監督やコーチは、無力感や敗北感を感じ、アスリート本人に「精神的に問題がある」と結論づけたくなる。そんなことしている間にイップスが一生ものになる可能性があるかも知れません。適切な治療が必要です。私は、イップスというものは、まず、ご自身の状態を受け入れ、前向きに適切な治療を行っていく事で克服できるものだと捉えています。
 これも私の主観になりますが、イップスは、もちろん運動に特徴が出ますが、顔つき、目の使い方、話し方、筋肉の着き方、思考にも特徴が出ます。

 調べてみると現在イップスに関していろいろな対策とられています。野球では、投げ方を変える(オーバースローからサイドスローに変えるなど)、ポジションを変える。ゴルフでは、1・2のタイミングで打つ、クラブの握り方を変える、グリップを太くする、パターでは、目を閉じて打つ、長尺パターを使って打つなどがあります。イップスの症状を出さない為の1つの方法ではあると思います。病院では、検査しても特に異常な検査結果は出ないと思います。言い方は悪いですが、せいぜい、うつ状態・パニック症状など精神的なことを言われ薬が処方されるぐらいでしょう。
 でも、このような方法では、何とか差し支えないようなプレーが出来たとしても心の満足は、あまり感じられないと思います。イップスの人に起きている心と体のズレみたいなものには、何の変化も起きません。イップスの改善で大切なことは、本来の自分の自然な動き、本来の自分の心を取り戻すことです。縺れた糸を無理やり解こうとしても解けません!かえって強く縺れてしまいます。縺れた糸の解き方があると思います。そして心と体のズレが取れた時、それこそがイップスを克服した!イップスに打ち勝った!ということです。そして心の満足を得られ、はじめて楽しみながらプレー出来るのだと思います。

 イップスを克服するには、いまさらながら心技体ということが大切だと私は思います。技術論だけでは、絶対に治りません!!イップスは、なんらかの事柄が引き金になって心技体のバランスが崩れて起こるものだと思います。イップスの原因は、心にあると言う専門家もいますが、私ならそんなことは言い切れません。なぜなら体の調子が良くないと心も落ち込みますし、技術が上手く行かないと心が落ち込むし、体に負担がかかり体のバランスが崩れるかも知れません。心が落ち込んでいると体を動かす気にもなれず、良いパフォーマンスは出来ません。人間てそうじゃないですか?心技体の3つを診なければダメなのです!!
 当院では、心・技・体の3本の糸があったとして、縺れ絡み合った3本の糸を的確に解いて行きます。➊心は、カウンセリングを行います。メンタルが弱い人がイップスになると思われているところがあると思いますが、それは間違っています。メンタルの強い人などいません。人間のメンタルなんて、誰でも弱いところがあるものです。誰でもなる可能性のある病気です。強いメンタルとは、メンタルのコントロールが上手なことです。だから当院では、脳の仕組みを勉強し自分でしっかりメンタルのコントロールが出来るようにして行きます。
➋技は、運動指導を行います。イップスの方は、運動時の体幹軸が定まってなく体重移動もスムーズではありません。だから下半身・体幹・腕の動きのタイミングが合わずバラバラになりがちです。ホームをいじることなく体幹軸を安定させることと体重移動をスムーズにすることを重点的に指導し、それに伴って腕が自然に振れるこを目標にやっていきます。体幹軸が安定し体重移動がスムーズになれば、力まなくても腕は自然に大きく振れます。それが、ご自身の本来の自然なホームです。
➌体は、カイロプラクティック治療を行います。骨を矯正し神経の促通を促します。100%脳からの信号が手足に行き渡るようにしていきます。自律神経も整います。神経のバランスが良いと心にゆとりが生まれます。
 心技体の調和を図ることで、イップスを克服して行くプログラム(イップス改善コース)になります。今、イップスで悩まれている方が当院のホームページを開きこのページに辿り着き、イップスになったご自身を受け入れ前向きに治療に取り組む決心をして頂けると嬉しいです。そして力を合わせイップスを克服し楽しんで競技に打ち込み夢に向かって前向きに進んで行けるように心より願っています。*元アスリートで現在引退している方も、ぜひ治療を受けてみて下さい。現役選手でなくてもイップスを経験した方は、今も消えることなく脳のどこかにイップスは潜んでいます。イップスを改善することで気持ちがスッキリし人生観に変化が起きます。

あとがき                                    日ごろ指導者の方々は、情熱を持ってスポーツの現場で選手にご指導せれていることと思います。そうした日常に、何の前触れもなくイップスは選手に襲いかかります。アスリートは、外見はタフに見えますが繊細な心と感情を持った一人の人間です。パフォーマンスする機械ではないのです。どんな一流の指導者であってもイップスのようなパフォーマンス障害を起こしている選手を見たら、指導者の方がどうにかしようとするのではなく専門家に託してください。指導者は、運動指導の専門家であり、イップス治療の専門家ではありません。運動を指導する事とイップスを改善させることは、全く別の分野である事をご理解してください。