ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

ブログ始めました

出来るだけ治療に関すること、書いて行こうと思っています。

2017年01月31日

検査が大切

 治療することよりも、まず大切なことは正しく検査し患者さんの身体の状態を正しく知ることです。

 当院の検査では、①問診②視診③ナーブスコープによる計測④静的触診⑤動的触診(⑥レントゲン画像分析)+⑦整形外科的検査を行い総合評価をして、どの骨をどの方向に矯正するかを決定します。ここまでがとても大切です。正しく検査して正しく評価出来なければ、その後の治療は、全く意味がありません。

 特に初めての患者さんの検査は、時間をかけて行います。良い結果を出す為には、大切なことだと思っています。


2017年02月09日

治療の本質

問診

 患者さんが初めて来院される時、腰が痛いとか足が痺れるとか症状があって来られます。腰が痛くなった時、整形外科に行ったり整骨院に行ったりします。お腹が痛くなったら内科の病院に行くと思います。それは、患者さん本人がこの症状の時には、〇〇病院の〇科に行くということをすでに理解し分かっているからです。整形外科に行けばレントゲンを撮って何か異常は無いかしっかり診てくれます。内科に行けば血液検査などして内科的なことをしっかり診てくれます。
 日々、患者さんと接していると大抵の患者さんは、腰も痛いし、なんだか胃腸の調子も悪くて頭痛もあって、血液検査をすれば異常な数値が出る。このような患者さんは、多いです。このような患者さんに腰を良くしようと思って、腰を一生懸命治療して良くなるのか?
 当院では、細かな問診票の記入、問診、検査、必要があればレントゲンを使って患者さんの体の不調の本質に近づけるようにしていきます。症状を追いかける治療ではなく。症状を踏まえて上で、いろいろな症状の本当の原因は、何なのかしっかり考えていきます。

 だから治療では、患者さんの体をたくさん触りません。治療の必要なところだけに絞って治療するように心掛けています。

2017年05月10日

プロフェッショナル仕事の流儀より

 昨日、NHKのプロフェッショナル仕事の流儀という番組で移植外科医の笠原群生先生が出られていました。

笠原先生の言葉

・難しい状態だったから、しょうがないなんて言い訳にならない。自分の力が至らないだけ。

・やるのではない、やりきる。

・患者さんの未来に責任を持って謙虚に努力し続ける。

良い事言われていたので、メモしました。

こういう気持ちで取り組みたいです。

2017年07月11日